有料会員限定記事

ホンダ、渋滞時間緩和を促す「旅行時間表示サービス」を提供開始

2021/9/8(水)

ホンダが2021年8月19日、走行データなどを活用したデータサービス事業「Hondaドライブデータサービス」の新サービスとして、自社車両のリアルタイムな走行データから、渋滞路・迂回路の所要時間を道路上の表示機などで周知する「旅行時間表示サービス」を提供開始したと発表した。

ドライバーに迂回を促し、交通量を分散して渋滞問題の解消につなげる狙いで、国内の自治体や民間企業に有償提供する。車両の走行データをもとに道路上の所要時間を表示するサービスの提供は、国内自動車メーカーとして初めてという。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 99204
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る