有料会員限定記事

モビリティとコミュニティが合わさる”Urban-as-a-Service” ―顧客中心の街づくりを目指して―

2019/5/17(金)

scheme verge株式会社(以下、スキームヴァージ)は4月から香川県・小豆島で、スマートフォンアプリ「Horai」を活用した「沿岸観光MaaS」の実証実験を開始すると発表した。旅行者はHoraiを利用することで、最適な旅程を調べることができ、連携するフェリーや旅客船、乗り合いの海上タクシーをの予約・決済を行うことが可能だ。旅行者のニーズが多様化する一方、小豆島は島内の移動手段に課題を抱えている。Horaiの利用を通して効率的な移動を実現し、自分に合った観光スタイルを構築することができる。まさに、「私の旅は、私で創る」というコンセプトのアプリだ。
※本記事に掲載している写真・資料はすべてscheme verge株式会社より提供

地方版MaaSをはじめ、地域の実情に沿ったモデルを構築しようとする動きが活発化する中、Horaiはどうやって生まれたのか。スキームヴァージのCEO嶂南達貴氏(やまなみたつき氏 以下、嶂南氏)に話を伺った。

将来の街づくりで重要となる「Urban-as-a-Service」とは?

スキームヴァージ CEO 嶂南達貴(やまなみたつき)氏

スキームヴァージ CEO 嶂南達貴(やまなみたつき)氏



――まず、スキームヴァージの設立経緯について教えてください。

嶂南氏:5年ほど前に、自動運転を通して高速道路のCO2排出量がどう変わるのかという研究をしていました。最近MaaSについての議論も出てきた中で、先端技術を前提とした都市計画について考えたいという思いがありました。

――自動運転について、都市計画からアプローチしたということですね。

嶂南氏:技術的な研究を行っているところはありましたが、実際に社会実装するために役立つ知識を研究しているところはまだありませんでした。さまざまな分野と話していく中で、それなら自分たちでやろうとなったのが設立のきっかけです。

――次に、スキームヴァージのミッションについて教えてください。

嶂南氏:ミッションは「顧客中心の都市をつくる」ことです。都市とはモビリティとコミュニティの組み合わせです。これらの進化で都市の姿が見えます。今、都市で起きているモビリティ革命は、Uberの取り組みのように、あらゆる情報がグラフやデータで可視化されています。また、同時にコミュニティ革命、「Space-as-a-Service」という視点で考えることも必要です。たとえば、WeWork(※)に代表されるような、利用予測と実際の使用率に基づいて機械学習で予測精度を上げ、コミュニティ内のスペースを有効活用していく取り組みです。
※WeWork・・・起業家向けのコワーキングスペースを提供するアメリカの企業

――MaaSの議論のみではなく、他の視点も重要ということですね。
※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る