有料会員限定記事

交通機関での導入が進む「Visaのタッチ決済」。急拡大の理由から見える導入メリットとは?

有料会員限定記事

2021/8/2(月)

海外の交通機関での決済シーン。多くの利用者がいつものVisaカードをリーダーにかざし、公共交通を利用

海外の交通機関での決済シーン。
多くの利用者がいつものVisaカードをリーダーにかざし、公共交通を利用

現在、導入する交通事業者が続々と増えている「Visaのタッチ決済」。高速バスだけでなく鉄道での導入も始まっている。世界に目を向けると公共交通が「Visaのタッチ決済」にほぼ置き換わっている国や地域が少なくない。しかし日本国内ではすでに交通系ICカードが普及している。その中で「Visaのタッチ決済」が注目されている理由はどこにあるのか? そのメリットについてビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社 デジタル・ソリューションディレクターの今田和成氏に伺った。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 95341
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る