有料会員限定記事

JR東日本が進めるモビリティ変革への挑戦 MaaS に必要な Suica のあり方を検討

2019/1/15(火)

JR東日本 技術イノベーション推進本部 IT ストラテジー部門次長 中川 剛志氏

JR東日本 技術イノベーション推進本部 IT ストラテジー部門次長 中川 剛志氏

2017年9月5日、JR 東日本が中心となってオープンイノベーションによりモビリティ変革を創出する場として「モビリティ変革コンソーシアム」が設立された。それから一年あまりが経った。現在コンソーシアムには交通事業者、国内外メーカー、大学、研究機関など130社を超える企業・団体が参加している。コンソーシアムでは3つのワーキンググループ(以下WG)、Door to Door 推進 WG、Smart City WG、ロボット活用 WG を作り、それぞれがテーマ毎のサブワーキンググループを形成し、実証実験を順次始めている。今年は Door to Door 推進 WG で4つ、Smart City...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

ログイン

ページ上部へ戻る