ニュース

日本版MaaS実現へ JR東日本と小田急電鉄が連携

2019/1/28(月)

東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR 東日本)と小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)は、各鉄道会社間の境界を越えたサービスの提供を目指し、「MaaS」の連携について検討を開始すると発表した。これまで、JR東日本は「モビリティ変革コンソーシアム」の設立や「Ringo Pass」の開発を進め、小田急電鉄は観光型MaaSの実証トライアルなどを進めてきた。今回、MaaS形成を牽引してきた鉄道会社の初めての提携となった。
今後は、各社が構築する MaaS についても連携することで、各社の境界を越えた情報提供や、輸送障害発生時の迂回乗車経路提案などの実現に向けて検討を進めていく。

輸送障害発生時の迂回経路提案


■MaaS提供に関する各社の取り組み

【JR 東日本】

グループ経営ビジョン「変革2027」において、移動のための検索・手配・決済をオールインワンで提供する「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」を構築し、「シームレスな移動」「総移動時間の短縮」「ストレスフリーな移動」を実現することを目指している。

【小田急電鉄】

「長期ビジョン2020」に基づく中期経営計画において「次世代モビリティを活用したネットワークの構築」を掲げ、小田急グループが保有する多様な交通サービスや生活サービスを、パートナーと連携しながらシームレスに連動させて、1つのサービスとして利用者に提供することを目指している。具体的には「小田急 MaaS アプリ」(仮称)アプリを通じて、目的地までの移動、目的地での楽しみ方の提案から、飲食や宿泊などの予約・決済までを一括して提供するネットワークの構築を進めている。

今後の展開については、他の鉄道会社等とも、順次連携を拡大していくとしている。

■関連記事


ログイン

ページ上部へ戻る