ニュース

【京急電鉄×scheme verge】三浦半島で観光型MaaSを開始

2020/10/22(木)

京浜急行電鉄株式会社(以下 京急電鉄)とscheme verge株式会社は、三浦半島(神奈川県)における観光型MaaS「三浦Cocoon(コクーン)」を10月22日から開始する。
「三浦Cocoon」は、京急電鉄およびscheme vergeが取り組むコンテンツ重視の観光型MaaS。両社が観光プラットフォームとして基盤整備を行うとともに、三浦半島地域の観光事業者や自治体、サポート企業など60団体が、観光活性化コミュニティ「Cocoon Family」を結成することで、半島全体で連携して観光コンテンツの開発を通じた「すごしかた」提案を行う。

観光型MaaS「三浦Cocoon」サービスイメージ図

観光型MaaS「三浦Cocoon」サービスイメージ図



「Cocoon Family」に参加する団体向けのサービスとして、「三浦Cocoon for business」を提供、参加団体が共通で使えるWEBプラットフォームや、共通予約・決済システム(2021年2月導入予定)などの環境を整備することで、三浦半島を訪れる観光客がワンストップな観光や、シームレスな移動ができる環境を目指す。

「三浦Cocoon」のWEBサイトでは、参加団体らが提供する各種アクティビティ・イベントや、オリジナルツアーの情報を紹介するほか、二次交通やライドシェア等の紹介・提案も行う。前述の通り、来年2月にはこれらの予約・決済ができる共通プラットフォームを提供する予定で、さらに「お気に入り」に登録したアクティビティを巡る旅程をAIが自動で作成する「旅程作成機能」も提供する予定だ。

事業者にとっては、共同告知やツアー造成、共通予約決済プラットフォームにより新たな観光需要が拡大されるほか、観光客インサイトや移動データの分析によりサービス拡充にもつながる。観光客にとっては三浦半島に点在するアクティビティやそれを巡るモビリティなどを一元的に予約手配・決済が可能になるほか、旅程立案機能により効率的な観光周遊にもつながる。

■scheme vergeのMaaSアプリ「Horai」が対応

そのほか、「三浦 Cocoon」開始に合わせて、scheme vergeが提供する観光型MaaS・カルチャー資源特化型アプリ「Horai」が10月26日から三浦半島エリアに対応する。



Horaiは今後も、一般的な交通機関のほか、トゥクトゥク※1やクルージングなど三浦半島で提供する交通機関への対応や新機能のリリースを予定している。また、MaaSなど新しい技術を活用しながら、アーティスト等と共同で、ハイエンドで個人に寄り添った観光体験のプロデュースを三浦半島で進めていく予定だ。
※1 タイで普及している三輪自動車

ログイン

ページ上部へ戻る