ニュース

ヤマハ、本田技研、川重、スズキ 交換式バッテリーコンソーシアム創設 電動二輪車の普及へ

2019/4/18(木)

ヤマハ発動機株式会社、本田技研工業株式会社、川崎重工業株式会社、スズキ株式会社の4社は、日本国内における電動二輪車の普及を目的とした「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム(以下、コンソーシアム)」を創設し協働を開始すると発表した。
二輪業界としては、より環境にやさしく利便性の高いモビリティとしての電動二輪車の普及を業界全体で検討している。電動二輪車普及のためには、航続距離の延長や充電時間の短縮、車両およびインフラコストが課題となっている。

これらの課題を克服するためにさまざまな取り組みがあるが、その対応の一つの手段として、コンソーシアムでは共通利用を目的とした交換式バッテリーとそのバッテリー交換システムの標準化の検討を進め、技術的なシナジーやスケールメリットを創出することを目指す。

4社は、コンソーシアムの活動を通じ、二輪業界全体で多様な議論をおこない、電動二輪車の普及により、低炭素社会の実現に貢献することを目指している。

代表幹事である本田技研工業株式会社 常務執行役員 二輪事業本部長 安部典明氏は、「電動二輪車の普及には、航続距離や充電時間等の課題解決が必要であり、交換式バッテリーは有効な解決策と言えます。このコンソーシアムにおいて、まずは国内二輪4社で協働検討をすすめるとともに、この考えにより多くの方々に共感いただくことで、電動二輪車の利用環境が改善され、お客様の利便性を向上させる一助となればと思っています」とコメントした。

ログイン

ページ上部へ戻る