ニュース

日立オートモティブシステムズら、統合会社「日立Astemo」を発表

2020/10/21(水)

日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社が、統合会社の商号「日立Astemo(アステモ)」と事業ブランド新設を発表した。
日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社は昨年10月に包括的なソリューションを提供するために経営統合に関する基本契約の締結。今月19日付けで「日立Astemo」という統合会社の商号と事業ブランドの新設を発表した。

商号の由来は、「Advanced Sustainable Technology for Mobility」の頭文字をつなげたもの。Advanced Technology、Sustainable Technology、Mobilityそれぞれに独自の意味が込められている。Advanced Technologyは、「統合に関わる全ての会社の強みが融合し、時代の急激な変化に先駆けた、CASE領域をはじめとするモビリティソリューションを提供」。「Sustainable Technology」は「私たちの子どもや子孫、未来に緑豊かな地球と安全安心で心豊かな社会を残していく技術を発展」。「Mobility」については「全ての人々がきれいな空気の中で笑顔で過ごすことができ、先進のモビリティで移動する喜びを感じられる社会、交通事故撲滅とともに安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献」と説明している。

統合会社は今後、世界のモビリティ業界をけん引するグローバルメガサプライヤーを目指す。パワートレイン、シャシー、先進運転支援システムなどのコア事業における技術・ソリューションの競争力強化とともに、激変する市場環境に対応し、安全性・快適性の向上や持続可能な環境に寄与するソリューションの提供を目的としている。なお統合会社は、日立グループの一員として日立ブランドを使用することになる。

ログイン

ページ上部へ戻る