ニュース

TOYOTA、東京モーターショー FUTURE EXPOに2020年冬頃発売予定の「超小型EV」を出展

2019/10/18(金)

超小型EV

TOYOTAは、10月24日から11月4日の12日間、東京モーターショー2019のMEGA WEB会場で開催する「FUTURE EXPO」に、「超小型EV」を出展すると発表した。なお、この超小型EVは、2020年冬頃の発売を予定している。
超小型EVは、免許を取りたての人や、高齢者などが、買い物など日常の近距離移動をすることを想定して開発した。小回りが利き、1回の充電で約100kmの走行が可能という特徴がある。また、法人の場合、顧客のところへ毎日巡回訪問するような、近距離移動の用途で、環境に良い業務用車として使用することも想定している。

また、6月7日に発表した「超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル」も同じく、「FUTURE EXPO」に出展する予定。さらに、「歩行領域EV(立ち乗りタイプ/座り乗りタイプ/車いす連結タイプ)」「TOYOTA i-ROAD」については、有明エリアと青海エリアを結ぶシンボルロード「OPEN ROAD」で試乗が可能だ。

主な想定用途

超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル



・超小型EV ビジネス向けコンセプトモデル
短距離の営業や巡回業務など、短距離移動と離駐車を繰り返す業務での活用。
移動と駐車、そして車内での作業や休憩を繰り返すスタイルに合わせた「移動するmyオフィス」。
超小型EVの、広がりのひとつとして提案。

歩行領域EV(座り乗りタイプ/立ち乗りタイプ/車いす連結タイプ)



・歩行領域EV 立ち乗りタイプ
空港、工場など大規模施設での巡回、警備。手荷物を持った移動

・歩行領域EV 座り乗りタイプ
荷物が多い時の移動
歩行に支障がある人々の移動
歩行領域EV 車いす連結タイプ
大規模施設、観光地での手動車いすの人々へのレンタル

TOYOTA i-ROAD



・TOYOTA i-ROAD
2輪車サイズながら転倒しにくい特徴を活かした近距離移動(都市部のラストワンマイルや、観光/リゾート滞在中の外出)

トヨタが考えるEVビジネスモデル



トヨタ自動車(株)は、EVの普及を進めていくため、EVを開発製造し、販売店に卸し、顧客に届けるという、従来のビジネスモデルにこだわらず、社会の役に立てるにはどうしたらよいかを考え、トヨタと志を同じくする仲間をオープンに幅広く募り、新しいビジネスモデルを創ることを考えている。

具体的には、EVの販売に加えてリースも充実させ、車両を確実に回収し、お客様が使われた後の電池の状態を査定。その上で、中古車として流通させるほか、電池を補給部品やクルマ以外の用途も含めて再利用し、電池をしっかり使い切ることを考えている。充電サービス・保険等の周辺サービスもEVに最適なものを整備する計画だ。

ログイン

ページ上部へ戻る