ニュース

トヨタ、決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発 複数の決済サービス、決済方法を搭載

2019/11/20(水)

トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社(以下、トヨタ)は11月19日、電子マネーのかざして決済、QRコード/バーコード決済といった複数の支払い手段を搭載するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発、iOS版の無料提供の開始を発表した。来春にはAndroid向けアプリの提供も開始予定だ。
トヨタは、スマートフォンとモバイルネットワークはコネクティッド戦略を実現する中核技術として重要な役割を果たしていくと考え、利用者の日常決済の利便性向上ならびにモビリティ社会の基盤づくりに貢献するプラットフォームとなる決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発した。

「TOYOTA Wallet」の特長

プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」という3つの支払い手段を搭載している。
協力企業:三井住友銀行、三井住友カード、Origami

TOYOTA Walletに搭載される3つの支払い手段



「TOYOTA Wallet」は今後、多くの企業との連携を図り、決済サービスのみならず、金融サービスをはじめとしたサービスの拡充を国内外で展開する。また、トヨタ販売店で提供するサービスと「TOYOTA Wallet」によるデジタルなサービスをかけ合わせ、利用者のライフスタイルに合わせたコミュニケーションを実現や、トヨタ販売店のみならず、トヨタグループ内外の様々なモビリティサービスと連携予定だ。

ログイン

ページ上部へ戻る