ニュース

交通空白を解決!未来の自動運転バスとは─SBドライブ

2017/5/5(金)

大手通信事業会社ソフトバンクから生まれたベンチャー企業のSBドライブと、自動運転技術の研究開発を行っている先進モビリティの2社が「沖縄自動運転コンソーシアム」を組成し、沖縄県南城市において自動運転バスの実証実験を開始した。

これは、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「自動走行システム」SIP-adusが進めるプロジェクトの1つだ。近年、自動運転分野では、自動車業界だけでなく、SBドライブやDeNAといったIT業界など多様な業界を巻き込んだ発展を見せており注目が集まっている。


※このコンテンツは会員限定です。無料会員登録すると続きをお読みいただけます。
会員登録済みの方はログインしてください。

ログイン

ログイン

ログイン

ページ上部へ戻る