ニュース

Moff、トヨタ自動車と共同で医療から介護までシームレスなリハビリ支援を実現するサービスの開発開始

2019/12/18(水)

左:Moff Band 右:介護施設向けIoTリハビリ支援サービス「モフトレ」アプリ

IoTリハビリ支援サービスを展開する株式会社Moff(以下 Moff)は12月16日、トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ自動車」)未来創生センターと、医療から介護までシームレスなリハビリ支援を実現するサービスの共同開発開始を発表した。
Moffは「家族を活き活きと元気に」をテーマにしたウェアラブル端末「Moff Band」の開発、販売を目的に2013年設立した。2015年にはリハビリ・介護予防への活用を目的に、「Moff Band」の持つ全ての動きを角度情報に変換するという技術を活用して高齢者の運動・身体活動のデータ実証を開始し、2017年からは介護向けIoTリハビリ支援サービス「モフトレ」の提供を開始。もっと多くの人がより健康な毎日を送れるよう、最先端のテクノロジーを活用して、楽しく持続可能なヘルスケア・サービス作りに取り組んでいる。

今回の開発では、主に医療機関に向けた「Moff Band」を利用しエビデンスに基づくトレーニングや患者様の回復度合いの見える化を目的とした新サービスの開発を行う。

今後Moffは、トヨタ自動車との共同開発を通じ医療機関向けIoTリハビリ支援サービスを充実させ、国内において病院から介護施設および在宅までのシームレスなリハビリ支援サービスを実現するとともに、将来はアジアを中心とした海外にも展開予定だ。

ログイン

ページ上部へ戻る