ニュース

NNGグループのアリルー、インフォテイメント・セキュリティシステムの共同開発を発表

2018/11/13(火)

車載ナビゲーション・ソフトウェア/コンテンツ/サービスのグローバル・プロバイダーであるNNG(エヌエヌジー)のグループ会社で、先進車載サイバーセキュリティ・ソリューションのサプライヤーであるアリルー・インフォメーション・セキュリティ・テクノロジーズ(Arilou Information Security Technologies、以下アリルー)と、車載音響機器やモービル・マルチメディア・コンポーネント、車載ナビゲーション・システムのリーディングカンパニーであるアルパイン株式会社 (Alpine Electronics, Inc.、以下アルパイン)は、悪質なハッキングに対する自動車のCANバス向けインフォテイメント・セキュリティ・システムを共同開発することに合意した。
「コネクティビティ」が自動車産業のトレンドを形成するうえで重要なキーとなる傾向にあり、ハッキングに対する車両の安全性は自動車メーカーや業界においてますます重要な問題になっている。このような状況の中、両社は、アリルーのPIPS(不正送信阻止システム)セキュリティ技術をアルパインの最新インフォテイメントシステムに統合した車載システムの開発に取り組んでいく方針だ。

今回の協業について、アリルーのCEOで創立者のジブ・レビ(Ziv Levi)氏は、「完全に安全なインフォテインメント・セキュリティ・システムのマーケットリーダーであるアルパインとの協業を通じて、安全な自動車の実現に一歩近づくことに期待します。今回の共同開発は車載業界を一変するものと確信しています」と述べている。

アルパインは、車載エンターテイメントおよび情報技術によるシステム統合ソリューションを専門とし、一般消費者および大手自動車メーカー向けにAV、ナビゲーション、ドライバーアシスト製品等を提供する車載電子機器メーカー。日本、中国、ヨーロッパ、北米の研究開発/製造拠点から、安全性、快適性、環境性能にコミットし、各国/地域の市場要件に応じた製品を提供している。

NNGグループ傘下で、イスラエルを拠点とするアリルーは、車載市場で唯一のサイバーセキュリティ・ソリューション・プロバイダだ。OEM各社およびミシガン州立大学交通研究所(UMTRI)などの研究所にて試験、認証を受けたPIPSマルチ・レイヤー・セキュリティ・アプローチによって、100%の検出率、100%の阻止率と誤検知ゼロを提供する。網羅的なアプローチとマルチ・レイヤー・ソリューションによって、車載セキュリティを完全に保護するアリルーは、車載業界でセキュアなソリューションを提供している。

■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る