ニュース

豊田合成、未来のクルマの中は猫バスのようにフワフワ?!

2018/1/11(木)


目をつぶったまま操作が可能なアームレスト

2020年頃の自動運転に対応した次世代コックピットモジュール。自動運転が可能な道路を走っている状態では、ボタンを押すとハンドルが前に移動し、クルマに運転を任せてリラックスできる室内空間を作ってくれる。リクライニングの姿勢のままで操作できるように、アームレストにタッチセンサーの機能をつけている。
くつろいだ状態でエアコンのオンオフができ、インパネを透過した光で風の向きを確認できる。また、指先の動きで風の向きを変更することも可能だ。「サラサラ」から「ツブツブ」など触感に違いを持たせて、目をつぶった状態でも操作ができる。

リクライニングの姿勢のままで操作できるアームレスト



 

運転の主体を機械からドライバーへ切り替える際には、インパネ上の光で知らせる。また、ハンドル上にあるシルバーのセンサーでドライバーがハンドルを握ったどうかを確認し、同時にカメラでもドライバーの状態を検知する。ドライバーが正常にハンドルを握ったかどうかを判断した上で、ドライバーと運転を交代するという。

ハンドル上にあるシルバーのセンサーで、ドライバーがハンドルを握ったどうかを確認する



 

2020年頃の次世代コックピットモジュールでの運転シミュレーション


交通関係者と光でコミュニケーション

次世代フロントモジュールとは、ラジエータグリルなどの外装部品に、カメラやミリ波レーダなどを内蔵した「グリルモジュール」と運転状態をLEDで周囲に知らせるHMI機能「外装コミュニケーションランプ」を搭載。歩行者に自動運転状態であることをLEDの光で伝達し、コミュニケーションするという。

次世代フロントモジュール。運転状態をLEDで周囲に知らせるHMI機能「外装コミュニケーションランプ」が搭載されている


1 2 3

ページ上部へ戻る