プレミアム会員専用セミナー動画

【セミナー動画】2020/11/11 浜松市・フィリップス・T-ICU・国際災害対策支援機構が登壇「地域の医療課題に対応するデジタルの力と新たな仕組み」

2020/11/11(水)

 

クリックして動画を再生

※このコンテンツはLIGAREプレミアム会員様限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間プレミアム会員にお申し込みください。
年間スタンダード会員の方はこちらのお問い合わせからプレミアム会員にアップグレードしてください。

年間プレミアム会員に申し込む



※ページ下部に公演資料へのリンクがございます

講演内容

「地域の医療課題にモビリティは何ができるのか?」

地域の医療課題にモビリティはなにができるのだろうか?
高齢化・人口減少が進む中、中核病院の合併等で、近隣病院の閉鎖や、公共交通の減便などの理由で、特に中山間地域などでは通院が困難な患者が増加している。
この病院へのアクセスの問題へのひとつの解が、「医療が患者宅まで移動してくること」。
都市部から山間部まで、多様な地域を抱える浜松市は、スマートシティ政策の一環として、「中山間地における医療MaaSプロジェクト」の実証実験を始める。
フィリップスは、地域の中で医療リソースを供給しあい、エリア全体で最適化したエコシステムの実現が重要だとする。その代表的な取組みが、長野県伊那市で進む、「ヘルスケアモビリティを活用したモバイルクリニック実証事業」。医療サービスが患者宅まで移動することで、訪問診療を効率化する。

患者の、医療へのアクセス課題に加えて、病院経営の効率化も課題の一つだ。専門知識が必要な症例があるが、集中治療医の雇用には踏み切れない病院などへ、T-ICUは遠隔ICUで、集中治療の診療サポートを提供する。
民間ヘリコプターをチャーターし、緊急時に、医療従事者が離島へ往診へ行ける仕組みを築こうとしているのは、国際災害対策支援機構だ。将来的には空の上での遠隔医療も組み合わせ、ヘリコプターやドローンなど、空のモビリティで緊急時の医療を支える。

デジタルとモビリティで、医療はどう変わるのか。今後の可能性を探る。

登壇者

・浜松市デジタル・スマートシティ推進事業本部専門監 瀧本 陽一 氏(オンライン登壇)
・株式会社フィリップス・ジャパン 戦略企画・事業開発 HTSコンサルティング シニアマネジャー 佐々木 栄二氏
・株式会社T-ICU 取締役COO 小倉 大氏
・一般財団法人国際災害対策支援機構  松尾 悦子氏

■プログラム

※事情により変更となる可能性がございます。
00:00
スタート ごあいさつ  LIGARE編集長 井上 佳三
総合司会 LIGARE取締役 齊藤せつな
10:00
講演(30分)
「デジタル・スマートシティ浜松の推進と医療MaaSの取組」
浜松市デジタル・スマートシティ推進事業本部専門監 瀧本 陽一 氏(オンライン登壇)
40:00
講演(30分)
「『医療×MaaS』 ヘルスケアモビリティで健康・安心なまちづくりを」
株式会社フィリップス・ジャパン 戦略企画・事業開発 HTSコンサルティング シニアマネジャー 佐々木 栄二氏
01:10:00 休 憩 (10分)
01:20:00
講演(30分)
「Doctor to Doctor の診療サポート 遠隔ICU」
株式会社T-ICU 取締役COO 小倉 大氏
「ヘリコプターx遠隔医療 観光用ヘリの災害時活用(仮)」
一般財団法人国際災害対策支援機構 松尾 悦子氏
株式会社T-ICU 取締役COO 小倉 大氏
01:50:00 会場準備(5分)
01:55:00
パネルディスカッション&質疑応答(40分)
「地域の医療はデジタルの力と新たな仕組みでどう変わるか?」
登壇者の方々(上記)
モデレータ:LIGARE編集長 井上佳三
02:35:00 登壇者と参加者の皆さんとの名刺交換会(25分)
03:00:00 閉会
 

get_the_ID : 82210
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る