有料会員限定記事

【いわき版MaaS推進へ】MONETがいわき市・県タクシー協会と連携協定

2020/11/11(水)

締結式写真

MONET Technologies 代表取締役副社長 兼 COO 柴尾 嘉秀氏(左)
いわき市長 清水 敏男氏(中央)
福島県タクシー協会 いわき支部 副支部長 吉田 憲一氏(右)

福島県いわき市、MONET Technologies株式会社(以下、MONET)および福島県タクシー協会いわき支部の3者は11月4日、「いわき版MaaS推進事業」に関する連携協定を締結した。今年度内に「観光MaaS」と「おつかいタクシーMaaS」の実証実験を行う予定だ。
いわき市では極端な自家用車依存の生活様式などを理由に、公共交通の利便性の低下、観光客の二次交通不足、免許返納問題など地域ごとにさまざまな交通課題が生じており、この解消がまちづくりを進めるうえで大きな課題となっている。

これらの課題を解消するため、同市ではこれまでもICTなど先端技術を活用した取り組みを進めてきた。2019年11月〜2020年3月に同市とMONETなどが実施した、二酸化炭素の排出量削減を目的とする「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」もその一つだ。こうした交通課題の解消に向けた取り組みを一層促進させるため、今回3者による連携協定を締結に至ったという。

今回の協定締結に際し、いわき市の清水敏男市長は「将来のまちづくりに向けて大きな後押しになると思っている。地域特性を生かしたMaaSの構築に向けてさまざまな取り組みを積極的に推進し、復興の先を見据えたいわきの創生に向けて取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る