有料会員限定記事

東急電鉄、ITS世界会議で観光型MaaSの実証を発表

2018/9/27(木)

東急電鉄が実証する観光型MaaS

9月17~21日にITS世界会議がデンマークの首都コペンハーゲンで開催された。MaaS一色と言っても過言ではなかった今回のITS世界会議。クルマの保有とシェアや渋滞問題についての文脈で語られる都市型MaaSのみならず、人口密度の低い地方でのRural MaaS (ルーラルマース)についても議論された。(モビリティジャーナリスト 楠田悦子)

会議の初日にあったRural MaaSのセッションでは、デンマークのDFMCON ApS、日本から東京急行電鉄、イギリスのESPグループ、アメリカからIterisが事例紹介を行った。

東急電鉄は、日本の超高齢化社会や地方鉄道、バス、タクシーのドライバー不足など社会課題について説明し、Rural MaaS(ルーラルマース)の必要性を紹介した。


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン

ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る