有料会員限定記事

BYDジャパン 花田晋作副社長インタビュー 最優先すべきはEVの“社会認知”

有料会員限定記事

2021/12/13(月)

BYDジャパン副社長の花田晋作氏

BYDジャパン副社長の花田晋作氏

バス業界は長年EV化が遅れていたが、国土交通省の「地域交通グリーン化事業」などもあり、少しずつ導入が進んできた。特にEVバスの導入台数を伸ばしているのが、中国の電気自動車(EV)最大手のBYDだ。日本市場向けに開発された小型EVバス「J6」は、2000万円を切る低価格を実現し、人気を博している。その中で、日本法人であるBYDジャパンは2030年までに、日本での導入台数を4000台にすると発表した。

BYDのEVバスが日本で導入を増やしてきた要因はどこにあるのか、そして4000台に向けた今後の戦略について、BYDジャパンの花田晋作副社長に話を聞いた。

――インタビューのなかで浮き彫りになったのは、“社会認知”と“現場目線”の重要性だ。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 110340
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る