ニュース

医療機関をキャンピングカーで支援 Carstayらが神奈川県で開始

2020/5/26(火)

支援事業のスキーム

支援事業のスキーム

Carstay株式会社、株式会社CarLife Japan、小田急電鉄株式会社の3社は、医療機関をキャンピングカーなどで支援するプロジェクト「バンシェルター」の一環で、医療従事者が待機・休憩するためのキャンピングカー、車内用シーツ、食料・飲料などを、2020年5月28日から神奈川県内の医療機関に提供すると発表した。
CarstayとCarLife Japanが運営する「バンシェルター」実行委員会は、4月より同プロジェクトを開始。クラウドファンディングなどを通じて資金調達を行い、これまでに4カ所の病院に8台のキャンピングカーを提供した。今回、神奈川県からの要請を受け、県内6カ所の医療機関に約10台のキャンピングカーやキャンピングトレーラーなどの車両を提供する。

小田急電鉄はグループ会社と連携し、車内を清潔に保つためのシーツや枕、フェイスタオルといったリネン類(30日分)のほか、ペットボトル飲料を提供する。また、同社が運営を行う地域密着型サービス「ONE(オーネ)」のパートナー企業なども、アルコール消毒液、食料・飲料、空調機材等の提供に協力する。

全11の企業・団体が支援を開始し、支援対象となる医療機関は今後拡大する予定とのことだ。

参画企業の支援内容

参画企業の支援内容

ログイン

ページ上部へ戻る