ニュース

空撮サービス 非GPS環境下でのドローン自動飛行システムを開発

2018/11/5(月)

ドローンを使ったサービスを開発する空撮サービス株式会社(以下、空撮サービス)は、GPSが途絶しやすい橋梁下や室内におけるドローンの自動飛行システムを開発した。
従来のドローンは、GPS電波の届かない環境での自動飛行は困難とされてきた。空撮サービスでは、トータルステーションと呼ばれる測量用の高精度レーザ測量機器を使用し、測量したドローンの位置をGPSの位置情報の代わりにドローンに送信するシステムを開発した。測量用プリズムをドローンの下部に装着し、プリズムを自動追尾するトータルステーションにより精密なドローンの位置が自社開発のパソコンソフトに送られ、緯度経度情報に変換されるという仕組みだ。この位置情報が機体に送られ、自社開発の飛行制御プログラムにより安定した飛行が可能となる。

これにより、GPS電波の届かない環境においても安定した位置制御が可能になり、高度10m以上の室内飛行や水面上の飛行など従来の製品では制限されてしまう環境下でも安定して飛行させることができる。また、今まで困難であったウェイポイントによる自動飛行*1も実現した。

日本のインフラ劣化が進み、高速道路や鉄道などの橋梁下の点検への需要が高まっている。このシステムを活用し、GPS電波の無い橋梁下や室内での点検の実施が期待される。

*1:複数のポイントで設定した飛行ルートに沿って自動飛行させること。

プレスリリース動画

ログイン

ページ上部へ戻る