プレミアム会員コンテンツ

自動運転EVバスで市民の移動・買物活性化 常陸太田市の交通政策

有料会員限定記事

2024/6/13(木)

茨城県常陸太田市の自動運転EVバス「じょっピー」乗車1000人達成式典で撮影 左から市のマスコット「じょうづるさん」、宮田達夫市長、1000人目の會澤さんご家族

茨城県常陸太田市の自動運転EVバス「じょっピー」乗車1000人達成式典で撮影
左から市のマスコット「じょうづるさん」、宮田達夫市長、1000人目の會澤さんご家族

茨城県常陸太田市は2024年2月に自動運転EVバスの定常運行を開始し、路線拡大の動きを進めている。バス利用者は4月に1000人を記録。24年度は、実証実験を行った上で運行車両を増車する計画だ。自動運転で市民の移動しやすさ、まちのにぎわい創出を図る市の取り組みについて取材した。

自動運転EVバスを購入、市民名付けた「じょっピー」

市は23年2月に自動運転の実証実験を、マクニカ、日本工営と共に行った。実証は市民から好意的に受け止められ、市は車両を購入。24年2月16日、自動運転EVバスの定常運行を始め、同時にマクニカと連携協定を結んだ。

自動運転車EVバス「EVO」は、マクニカと仏ゴー...


※このコンテンツは法人プレミアム会員様限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから法人プレミアム会員にお申し込みください。
年間スタンダード会員の方はこちらのお問い合わせから法人プレミアム会員にアップグレードしてください。

法人プレミアム会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 223840
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る