有料会員限定記事

パナソニック VRシミュレーターを用いてコックピット開発のコスト削減へ

2020/1/22(水)

パナソニック VRシミュレーターを用いてコックピット開発のコスト削減へ

パナソニック VRシミュレーターを用いてコックピット開発のコスト削減へ

パナソニック株式会社オートモーティブ社は1月20日、自動車用コックピットHMIの開発時に用いられるVRシミュレータを技術セミナーとして報道陣向けに公開した。VRシミュレーターを活用することで、新商品企画のコンセプト段階から、車内空間の確認をしながら開発をすすめることが可能。従来比で開発途中での仕様変更を30%削減できたという。
今回報道陣向けに公開されたのは、ゴーグル型のシミュレータと、プロジェクターを用いて壁に映像を投影するオープン型シミュレータの2種類。ゴーグル型のシミュレータはUIを検討・検証するために用いられ、コックピットにおける操作表示HMI(スピードメータ等)を仮想空間上で...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の方はログインしてください。
無料会員の方および有効期限が切れた方は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



ログイン

ページ上部へ戻る