ニュース

住友商事とテック・マヒンドラ 自動車エンジニアリング会社を共同で設立

2021/1/8(金)

ⒸAdobe Stock

ⒸAdobe Stock

​住友商事株式会社(以下、住友商事)は、グローバルエンジニアリングサービス企業であるTech Mahindra Limited(以下、テック・マヒンドラ)と共同で、日本で自動車エンジニアリング事業を行うSCTMエンジニアリング株式会社(以下、SCTM)を設立した。

CASE領域の拡大によって、自動車の設計開発は複雑化かつ多様化している。そのため、今後は外部パートナーとの連携の重要性は増し、エンジニアリングサービスへの需要が高まると予想される。

テック・マヒンドラは、インドのコングロマリット最大手マヒンドラグループに属する企業。インドのプネー県に本社を置き、エンジニアリングサービス・ITソリューションを提供している。通信・金融・航空機・医療等の産業へ向けてグローバルに開発支援事業を手掛け、自動車エンジニアリング分野でも欧米顧客向けを中心に豊富な開発実績を有している。

SCTMは、テック・マヒンドラのエンジニアリング能力と、住友商事のネットワークおよび顧客対応力を兼ね備えた自動車エンジニアリング会社として立ち上げた。自動車メーカーをはじめとする顧客に対し、充実した支援体制を基に高度で競争力のある開発サービスを提供し、事業の拡大を目指す。

住友商事は、2020年8月にSCオートモーティブエンジニアリング株式会社(SCAE)を設立し、自動車エンジニアリング事業に参入した。SCAEは、幅広い業界の多種多様な開発ニーズを掘り起こし、適切なエンジニアリング機能を有するパートナーと共に課題解決に当たる。SCTMでは、SCAEのコアパートナーとして、オフショアでの開発による豊富な人的リソースの提供と高いコスト競争力をもとにエンジニアリングサービスを提供する。

住友商事は、SCTMとSCAEをベースとして、拡大する自動車エンジニアリング需要を取り込み、自動車産業発展に貢献を目指す。

■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る