ニュース

トヨタ 愛知県と地域活性化に関する包括連携協定を締結 災害サポートなど地域に寄り添うサービスを提供

2020/1/15(水)

トヨタ自動車、愛知県地区トヨタ販売店、トヨタレンタリース店、トヨタホーム店(以下、「愛知県オールトヨタ※」)は1月14日、愛知県と「地域活性化に関する包括連携協定」を締結したと発表した。これにより、県民の生活維持・向上に取り組み、地域の一層の活性化を図る。
※愛知県オールトヨタは、愛知県地区トヨタ販売店12社、トヨタレンタリース店2社、トヨタホーム店2社の総称
今回締結した協定は、「防災・災害サポート」「移動支援・生活関連サービス」「地域住民の憩いの場や、まちの賑わいづくり」「交通安全」「その他、双方が必要と認めること」の5つの項目だ。

トヨタ自動車と愛知県オールトヨタでは、これまでも各社・グループでさまざまな連携・協働を図ってきた。「災害サポート」では「電動車(HV・PHV・FCV)試乗車を活用した災害時給電」「販売店店舗等における災害時の帰宅困難者支援」を、「地域住民の憩いの場や、まちの賑わいづくり」では、「平日の店舗スペースを活用した地域住民向けイベント・教室等に関する協力・連携」などが、これまでの活動事例として挙げられる。

トヨタ自動車と愛知県オールトヨタは、生活者・利用者の課題を解決するパートナーとして、愛知県とより一層連携・協力を促進し、トヨタ自動車グループがそれぞれの事業形態の強みを生かし、シナジー効果を発揮し地域の活性化及び県民サービスの向上を図っていく。

ログイン

ページ上部へ戻る