ニュース

VAIO、ドローン事業で子会社設立 産業用途で市場拡大を目指す

2020/4/9(木)

VAIOの子会社・VFR

VAIOの子会社・VFRが営業開始

VAIO株式会社(以下、VAIO)は、ドローンによる社会インフラの革新を推進・加速する機体開発、ソリューション提供を行う子会社として、VFR株式会社(以下、VFR)を2020年3月に設立し、4月9日に営業を開始した。VFRは、VAIOが作り上げてきたコンピューティングの世界を地上だけでなく、空、および海やその他有人では到達できない場所にも拡大していく。
日本のみならずグローバル規模で産業用ドローン市場規模は拡大を続けている。VAIOの発表によると、さまざまな産業用途にドローンの活用が拡大・浸透していくためには、用途別に最適化されたソリューションが提供されることが必要だという。

しかし、現在主流となっている汎用的なドローンではその実現は容易ではなく、産業用ドローンの本格的な普及に向けた大きな課題の一つとなっている。VAIOは、こうした課題を自社の技術で解決すべく、2018年よりドローン事業に参入した。

ドローンの開発で重視されるコンピューティング技術・ロボティクス技術等について、VAIOはPC事業で培った設計・製造技術や国内外のサプライチェーンのマネジメント能力等を有効に活用しており、既にEMS事業として実績を積み重ねているという。

そのほか、昨年11月には中国の産業用ドローン大手メーカーである MMC(深セン科比特航空科技有限公司) とも日本国内における産業ドローン市場の創造に向けて協業の検討を行うなどの取り組みを進めている。

ドローン事業への本格的な参入を行うにあたり、オープンイノベーションによる事業成長の加速のため、今回のVFR設立に至った。

VFRの事業内容は、「ドローンのエンドユーザー及びドローン事業者に向けて、用途別に性能・機能が最適化されている、可用性及びコストパフォーマンスの高い機体、コンポーネント、及び関連ソリューション」の提供を掲げている。産業用ドローンの市場拡大をリードするプレーヤーの一角へと成長することを目指すとしている。

ログイン

ページ上部へ戻る