ニュース

ボルボとダイムラートラック、燃料電池量産に向け合弁会社設立

2020/4/21(火)

イメージ画像

画像: ダイムラー プレスリリースより

商用車業界の大手2社であるボルボ・グループ(以下、ボルボ)とダイムラートラックAG(以下、ダイムラー)は、新たな合弁事業の設立に向けた合意締結を発表した。大型車両などに向けた燃料電池システムの開発、生産および商用化を目指す。
両社は、協業によって双方の開発コストを削減し、大型長距離トラックへの燃料電池システムの展開を進める方針だ。具体的な目標として、長距離輸送で利用可能な、燃料電池を搭載した大型車両を 2020年代後半に量産モデルとして展開することを掲げている。さらに大型車以外の自動車や、自動車以外の用途での採用も目指す。

合弁会社を設立するにあたり、ダイムラーはグループ全体の燃料電池業務を、新たにダイムラートラック燃料電池部門に集約。その中には、Mercedes-Benz Fuel Cell社の燃料電池と水素貯蔵システムの開発に関する知見も含まれるとしている。

合弁会社は、ドイツのナベルン(現・Mercedes-Benz Fuel Cell社の本拠)での業務が含まれ、ドイツとカナダに生産施設を保有する。

今回両社が合意したのは法的拘束力を持たない予備合意で、最終合意は第3四半期までに行われ、2020 年末までに完了する予定だ。

ダイムラーの子会社である三菱ふそうの代表取締役社長ハートムット・シック氏は今回の協業発表に合わせ、「ダイムラートラックAG内の複数の部門及びダイムラーとボルボの新しい合弁事業と緊密に連携し、燃料電池技術を使用した商用車を2020年代末までに日本で発売することを約束します」とコメントしている。

ログイン

ページ上部へ戻る