プレミアム会員専用セミナー動画

  • 「2035年までに新車販売で電動車100%を実現」と菅首相が具体的な時期を施策方針演説で示すなど、低炭素・循環型社会への変化はより一層スピードを上げている。 トヨタ自動車はEVの新シリーズ『TOYOTA bZ』を中心に2025年までに15車種のEVを市場に投入すると発表。政府は2030年までに急速充電器を国内に3万基設置という目標も掲げている。 そのような背景の中、新たなモビリティである小型EVの普及、街のSS(サービスステーション)やカーシェアリングサービスの変化に注目が集まっている。 今回のセミナーでは、それぞれの業界のリーディングカンパニーである九州電力、FOMMにEV関連サービスの現在地と目標、そして事業戦略をうかがう。

    続きを読む >
  • 今回のセミナーでは、‟地域の物流ネットワークの再構築”に焦点を当てる。 従来、物流ネットワークは主にハブ&スポーク型で構築されてきた。大都市に一度集中されたのち各地域に効率よく配送される仕組みであるが、コストや時間などの面から利用者への負担は大きくなっている。また、過疎地域においては物流と人流をセットにしなければ効率よく配送することができないといった課題もある。いま、これら様々な課題が残る‟ 物流ネットワーク ”に変化が起きている。 今回は、‟地域の物流ネットワークの再構築”に挑戦するリーディングカンパニー3社に登壇いただく。 地域で共同配送システム構築する【エムスクエア・ラボ(やさいバス)】、EC事業の物流ネットワークの取り組みを進める【ヤマト運輸】、自律配送ロボットによる新たな物流に取り組む【パナソニック】に、地域の物流ネットワークの現在地や目標、そして事業戦略をうかがう。

    続きを読む >
  • 「2035年までに新車販売で電動車100%を実現」と菅首相が具体的な時期を施策方針演説で示すなど、低炭素・循環型社会への変化はより一層スピードを上げている。 トヨタ自動車はEVの新シリーズ『TOYOTA bZ』を中心に2025年までに15車種のEVを市場に投入すると発表。政府は2030年までに急速充電器を国内に3万基設置という目標も掲げている。 そのような背景の中、新たなモビリティである小型EVの普及、街のSS(サービスステーション)やカーシェアリングサービスの変化に注目が集まっている。 今回のセミナーでは、それぞれの業界のリーディングカンパニーである九州電力、FOMMにEV関連サービスの現在地と目標、そして事業戦略をうかがう。

    続きを読む >
  • MaaSによって街や地域、暮らしの魅力を向上させる実証実験が、ディベロッパーやゼネコンを中心に2019~2020年から各地で動き始めている。不動産MaaS元年とも呼べる昨年から、今はどこまで実証実験が進み、そこから何が得られているのかを探る。 折しもコロナ禍によって不動産価格にも予期せぬ影響が出ているが、MaaSは不動産や住まいの価値をどこまで高める力を秘めているのだろうか?  今回のセミナーでは建築と都市の視点から、人とまちをつなぐ「インターフェース」としてのモビリティの姿を探っている竹中工務店、「交通と住まい」の視点によるエリアリノベーションの実証実験を郊外の住宅街で行ったミサワホームを招き、不動産×MaaSの現在地と将来の姿について考える。

    続きを読む >
  • 日本のMaaS市場には、現在、規模も業種も多種多様な多くの事業者が参入している。ここ数年でMaaSという言葉と概念が徐々に広がり、各事業者は技術やサービスを進化させてきた。 その一方でユーザーの利便性や、地域の事業者のビジネスチャンスが、少し見落とされている部分はないだろうか? 地域の住人や沿線の利用者、旅行者にとって、本当に便利なMaaSとはどのようなものなのか? 地域の交通事業者のみならず小売業も参加できるMaaSは可能なのか? 今回のセミナーでは、「温泉Maas」をはじめとしてユーザーと地域の交通事業者や小売業を繋ぐ実証実験を行ったLINE、そのLINEを上手に活用して沿線住人に、より便利で快適な暮らしを提案している東急電鉄、「Microsoft Azure」によってMaaS企業の連携・支援を行う日本マイクロソフトを招き、MaaSによる持続可能なまちづくりと、それを支えるシステムについて学ぶ。

    続きを読む >
  • 昨今、エネルギー産業とモビリティ産業が急速に接近している。 菅義偉首相は2021年1月18日に始まった通常国会の施策方針演説で、国内の自動車販売は「2035年までに電動車100%を実現する」と表明しました。 EVが普及に伴い、充電インフラやEVのバッテリー制御など多くの市場機会が生まれることが容易に想像できます。 政府はEV用の急速充電器の普及を成長戦略に明記する方向で動いており、2030年までに約3万基の設置を目標とする動きも出来てきている。 これから、エネルギー産業とモビリティ産業はどのように融合していくのか。 本セミナーでは、登壇頂く各企業の取り組みから、エネルギー×モビリティの具体的なサービスのあり方や、ビジネスモデル、事業化について考える。

    続きを読む >
  • 今なお移動制限が続く日本だが、世界を見てみると北米ではすでに航空利用者数が回復傾向にあるなど、観光での移動需要が増加しつつある。 欧州では厳しいロックダウンを経たことで、鉄道会社によってマイクロモビリティを組み込んだ新しい通勤定期の概念が生まれている。 ドイツ鉄道では外国人職員を積極的に登用する関連会社をつくり、旧来の体制に風穴を開ける新しいビジネスの創出に取り組んでいる。 かたや東南アジアでは再びロックダウンが行われる中でも、Ninja van等ロジスティクス分野で活発な動きを見せるスタートアップ企業が登場している。 また東南アジアのスーパーアプリGrabがECプラットフォームのtokopedeiaと合併するなど、スーパーアプリのビジネスの動きも活発だ。 今回のセミナーでは海外のモビリティビジネスに詳しい岩田なほみ氏(東急電鉄を経て現在はドイツ・Mobimeo GmbH社プログラムマネジャー)と木村聡太氏(世界150カ国で空港送迎サービスを展開する株式会社SmartRyde代表取締役)に登壇いただき、海外の現在のモビリティ事情や、日本にはまだないモビリティの概念やモビリティビジネスの紹介、さらに今後、日本企業が海外でビジネス展開する際の参考にできる情報を学ぶ。

    続きを読む >
  • MaaSによって街や地域、暮らしの魅力を向上させる実証実験が、ディベロッパーやゼネコンを中心に2019~2020年から各地で動き始めている。不動産MaaS元年とも呼べる昨年から、今はどこまで実証実験が進み、そこから何が得られているのかを探る。 折しもコロナ禍によって不動産価格にも予期せぬ影響が出ているが、MaaSは不動産や住まいの価値をどこまで高める力を秘めているのだろうか?  今回のセミナーでは建築と都市の視点から、人とまちをつなぐ「インターフェース」としてのモビリティの姿を探っている竹中工務店、「交通と住まい」の視点によるエリアリノベーションの実証実験を郊外の住宅街で行ったミサワホームを招き、不動産×MaaSの現在地と将来の姿について考える。

    続きを読む >
  • 昨今の自動車のEV化と脱炭素化に向けた動きの進展を背景として、モビリティー業界とエネルギー業界で相互に新規参入を行う動きが北米を中心に活発化している。また日本でもその動きが始まっており、まさにモビリティーとエネルギーの領域におけるビジネスが急激な変化を遂げている最中である。 一方で、本市場についてはまだ明確な定義がなされていないため、弊社としては「EVトランスフォーメーション」の呼称にて今後諸活動を進めている。  これから、エネルギー産業とモビリティ産業はどのように融合していくのか。本セミナーでは、今後市場が作られていくであろう領域について、各企業から講演いただく。

    続きを読む >
  • 昨今の自動車のEV化と脱炭素化に向けた動きの進展を背景として、モビリティー業界とエネルギー業界で相互に新規参入を行う動きが北米を中心に活発化している。また日本でもその動きが始まっており、まさにモビリティーとエネルギーの領域におけるビジネスが急激な変化を遂げている最中である。 一方で、本市場についてはまだ明確な定義がなされていないため、弊社としては「EVトランスフォーメーション」の呼称にて今後諸活動を進めている。  これから、エネルギー産業とモビリティ産業はどのように融合していくのか。本セミナーでは、今後市場が作られていくであろう領域について、各企業から講演いただく。

    続きを読む >

ログイン

ページ上部へ戻る