ニュース

自動運転車に活用も 3D-LiDARを活用した駐車場向けシステムが登場

2021/1/26(火)

センサー画像(斜め上俯瞰)

センサー画像(斜め上俯瞰)

LiDARやソフトウェアの開発を手掛けるベネ・エルヨンが21日、3D-LiDARを使ってリアルタイムで車両の認識が可能なシステムを発表した。

従来時間貸しの駐車場では、センサーによる車の検知、ロック板による入出庫の制御、カメラセンサポールによる車番認識を行っていた。今回のシステムにより従来の設備を使わず、3D-LiDARのみを使い車両の正確な認識が可能となった。

今回のシステムの特徴は、3次元認識による車両などの検知や判定だ。高さなどの情報から自転車や人の識別も可能。側面や背面のデータと重ねて判定することで車両位置や人物などを検知する。枠内に正しく駐車されているかの判定も、3次元の車両データにより認識判定できる。



ベネ・エルヨンは、今回のシステムを使った車種・車番判定による時間貸し駐車場および利用者データ解析を提案している。3次元認識により普通乗用車、トラック(荷台あり)、バンなどを判定し、データを車両監視、車番認識カメラと同期する。これにより、車種や車番によって駐車場の利用料金が変動するダイナミックプライシング形式での料金計算の運用が可能になるという仕組みだ。

今後は、コインパーキングの精算機とのシステム連携や満空情報管理システムとしての活用などを視野に入れる。また、自動運転車両に駐車場満空情報を提供して、自動駐車に対応した駐車場などへの応用することなども検討するという。


ログイン

ページ上部へ戻る