ニュース

ブリヂストン JAXAとトヨタの国際宇宙探査ミッションに参加 月面用モビリティのタイヤの研究へ

2019/4/11(木)

株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン)は、4月11日、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)と共に国際宇宙探査ミッションへ挑戦すると発表した。本ミッションは、JAXAとトヨタが「人類の活動領域の拡大」と「知的財産の創出」を目的に3月に発表したもの。ブリヂストンは「有人与圧ローバ」(以下、ローバ)が月面を走破するためのタイヤ(接地体)の研究を推進していく予定だ。
ブリヂストンはローバに装着する接地体について、2000年代にJAXAと共同検討を実施し、トヨタとは技術パートナーとして連携してきた。今回のミッションの中で新たな技術課題として認識された「月面での接地」を解決するため、ブリヂストンが培ってきた地球上のあらゆる路面に対する知見と技術力を活用し、三者は国際宇宙探査という未知なる世界への挑戦に取り組んでいく。ブリヂストンは月面で接地体が果たすべき4つの役割り(重量を支える、駆動力・制動力を伝える、方向を転換・維持する、路面変化に追従する)を実現するしなやかで強靭な接地体の開発に挑戦する。

接地体モックアップ



ブリヂストン アメリカスのCTOであるニザール・トリギィ氏は、4月10日に米国コロラドスプリングスで開催された第35回スペースシンポジウムでのJAXAのセッションにおいて、「当社は、企業理念の中で「進取独創」と掲げているように、創業より、将来何が起こるかを想像しより一層社会の役に立つ様々な「創造」に積極的に挑戦してきており、これまでもあらゆる環境にも適応する革新的な製品・ソリューションを実現してきています。今回の挑戦もその一環として、積極果敢に取組んでいきたいと考えています」とコメントした。

有人与圧ローバのイメージ動画

ログイン

ページ上部へ戻る