ニュース

富士通、Zippinと世界初の総代理店契約を結ぶ レジなし店舗の導入加速か

2020/12/9(水)

イメージ画像(Adobe Stockより)

富士通株式会社(以下、富士通)は、米国発スタートアップ企業であるZippinと世界初の総代理店契約を締結し、2021年3月までに日本市場向けにZippinのレジレスソリューションの提供の開始を目指す。
※ZippinはVcognition Technologies, Inc.の呼称であり、ソリューション名

今回の合意に基づき、富士通は世界初のZippinの総代理店として、2021年3月までに日本市場向けにZippinのレジレスソリューションの提供を開始し、オフィスや駅構内などの狭小スペースの売場でAIスマートストアビジネスの創出を目指す。また、今後は両社の協力関係を強化して、日本以外の地域への展開も検討する。

Zippinは、自動決済に必要なカメラ・重量センサーなどの機器と、来店客や商品を認識するためのAI 機能、決済や在庫管理との連携機能をまとめた、レジなし店舗向けの統合システムを開発している。

両社は、富士通の小売業界をはじめとする幅広い業種・業態における強固な顧客基盤とサービスインテグレーションの実績、株式会社富士通研究所が開発したマルチ生体認証※1をはじめとするデジタル技術と、ZippinのAIをベースとしたグローバルでのレジレスソリューション実用化の経験を融合させることで、リアル店舗の先進的なDXを支援する。
※1 手のひら静脈と顔情報のみで本人を特定し、非接触で認証できる生体認証を融合したデジタル技術。

この協業は、富士通とZippinが参画する、ローソンによるレジなし店舗の実証実験(2020年2月~)の成功が後押しとなり、締結に至ったという。

富士通は協業を通じて、レジレスソリューションの活用とキャッシュレス化を軸に、マルチ生体認証による周辺機能の強化・拡充を図り、来年9月までに新たな購買体験を実現するソリューションを開発し、提供を開始する方針だ。

ログイン

ページ上部へ戻る