ニュース

国交省 バス・タクシー事業者向けに無人自動運転サービスにおけるガイドラインを策定

2019/6/26(水)

国土交通省は6月26日に「限定地域での無人自動運転移動サービスにおいて旅客自動車運送事業者が安全性・利便性を確保するためのガイドライン」を策定し、公表した。
2020 年の実現を目指している限定地域での無人自動運転移動サービス(レベル4)においては、旅客自動車運送事業者は、運転者が車内にいる場合と同等の安全性及び利便性を確保することが必要。このガイドラインでは旅客自動車運送事業者が、運転者が車内に不在となる自動運転車で旅客運送を行う場合において、安全性及び利便性を確保するために対応すべき事項について検討していく際に必要となる基本的な考え方を示す。

ガイドラインの対象となるのは①遠隔監視・操作者の監視等による安全確保措置を前提とした限定地域での無人自動運転移動サービス、②レベル4に係る技術の確立・制度の整備後における限定地域での無人自動運転移動サービスの2パターン。旅客自動車運送事業者、遠隔監視・操作者(運転者)、運転者以外の乗務員にそれぞれ基本的な考え方が提唱され、この考え方のもとに業務を行うことを必要としている。

主な事項として交通ルールの遵守、適切な点検整備の実施、運行記録の保存や旅客への対応等が挙げられている。



今後の限定地域における無人自動運転移動サービスの実現に向け、その安全性及び利便性の確保を図る方針だ。

 

ログイン

ページ上部へ戻る