ニュース

HERE、テンセントの地図・位置データのグローバルプロバイダーに WeChatなどに対応

2018/11/21(水)

位置情報データとプラットフォームサービスを提供するHERE Technologies (以下、HERE)は、世界最大級のオンラインサービスプロバイダーである中国・テンセント社の、グローバルの地図コンテンツおよび位置情報のメインプロバイダーに採用されたと発表した。
2017年に締結した両社の提携の一環として、HEREは今回の発表を機に、日本をはじめとする (中国以外の) テンセントの地図プラットフォームに、位置情報プラットフォームとPOI (目的地物) のデータの供給を開始する。このプラットフォームは、広く使われているチャット/インスタントメッセージアプリであるWeChatやQQなど、テンセントのすべての製品とサービスに対応する。

HEREのAPAC担当上席副社長兼ジェネラルマネージャーであるLeon van de Pas氏は、「高品質な地図データと位置情報サービスの提供において、世界中のトップ企業がHEREに信頼を寄せています。テンセントの大規模なユーザー・ベースに対して当社の最新の世界地図と高精度なPOI情報を提供することにより、テンセントとのパートナーシップを拡大できることを、うれしく思います。当社は、将来的にテンセントとのさらなる提携の検討を予定しています」と語った。

■関連記事

ログイン

ページ上部へ戻る