有料会員限定記事

通信(5G等)とインフラの取り組みまとめ【2020年~2021年7月】

有料会員限定記事

2021/8/5(木)

NECモビリティテストセンターに
設置した信号柱

5Gをはじめとした通信技術の進歩は、モビリティ業界にも大きな影響を与えている。大容量の情報をやり取りできるようになったため、車両と周辺インフラで協調することが可能となった。これにより、交差点で通りかかる車両や人物などの把握が容易となり、より安全な運転支援の技術開発が進んでいる。当記事では、2020年から2021年7月までに行われた通信とインフラ関連の取り組みをまとめる。

日本電気株式会社(以下、NEC)


NECは、新しい道路交通インフラ社会の実現に向けた実証施設「NECモビリティテストセンター」を静岡県御殿場市に開設した。2020年11月6日付のプレスリリースで明かしている。

このテストセンターは、インフラ協調型のモビリティサービスの実現や、インフラに設置したセンサーから得られるデータの活用など、さまざまな評価・検証を行う。テストコース内には信号や横断歩道などで疑似的な交差点を配置した。ローカル5G基地局や車車間、路車間、歩行者などと通信を行えるC-V2X路側機などの無線通信設備、路側カメラやAI用エッジ処理装置などのエッジコンピューティング設備も導入している。さらに、バス・乗用車などの車両や電動車いすも配備するなど、実際の道路・インフラに次世代通信設備を加えたような環境を作り出した。

NECは、ローカル5Gや映像分析、AI・IoTといった先進技術と、パートナー企業・団体の技術やノウハウを組み合わせ、次世代のモビリティサービスの技術開発やシステム検証を推進し、新たな価値創造や社会課題の解決を目指して取り組むとしている。



※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2

get_the_ID : 96673
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る