有料会員限定記事

みちのりHD・ジョルダン、MaaS基盤共通化による「北いわてMaaS」の展開

有料会員限定記事

2022/5/2(月)

左から、みちのりHDの下重翔平氏、ジョルダン社の長岡豪氏と山本侑佳氏

左から、みちのりHDの下重翔平氏、ジョルダン社の長岡豪氏と山本侑佳氏

各地域でMaaSが実証から実装へと移行しつつある。その中で、従業員の高齢化や人手不足、デジタル化の遅れが顕著な地方部の交通事業者がMaaSやDXに対応していくには、どのような方法が有効なのか。
昨年度岩手県で行った「北いわてMaaS実証事業」と、そこで行われたMaaS基盤の共通化の取り組みについて、株式会社みちのりホールディングス(以下、みちのりHD)アソシエイトマネジャーの下重翔平氏とジョルダン株式会社 執行役員 営業技術部長の長岡豪氏、同部サブマネージャの山本侑佳氏に話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 131337
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る