有料会員限定記事

MaaSによるデジタル変革 交通現場での真の定着には?【寄稿:みちのりホールディングス】

2020/6/11(木)

「ひたちBRT」の専用道路で実証実験を行った自動運転バス

「ひたちBRT」の専用道路で実証実験を行った自動運転バス
(写真提供: みちのりグループ)

新型コロナウイルスの感染拡大により、人の移動は大きく制限された。そして今、全国的に制限を解除する方向へと進みはじめた。一連のコロナ禍を経て、人の移動もいわゆるニューノーマルへの適応を模索しながら回復していくだろう。

その動きに呼応するように、これまで進めてきた新しい時代の移動サービスを象徴するMaaS(Mobility as a Service)に関する取り組みも、再び各地で活発化することが予想される。

その一方で、MaaSに必要なデータの利活用方法やプラットフォーム同士の連携構造などには課題もある。特に交通事業者には、運行データなどの提供といった点で関わってくる。

それでは、日...


※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



1 2 3

get_the_ID : 52109
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る