有料会員限定記事

三菱電機 オンデマンド型自動運転の運行管制システムの実装に向けて

有料会員限定記事

2021/9/27(月)

(画像:三菱電機 提供)

(画像:三菱電機 提供)

地方を中心とした交通課題を解決する一つの手段として期待される自動運転技術。そして、それを可能にする運行管制システムの開発は、さまざまな企業で進められている。

そんななか、三菱電機株式会社(以下、三菱電機)は、乗降客の有無や乗車申し込みの状況に応じて、運行便の増減や運行ルートの変更などをリアルタイムかつ全自動で行うオンデマンド交通向けの運行管制システムを開発した。

今回のシステム開発に至った経緯や実装に向けた今後の展開について、三菱電機株式会社 社会システム事業本部 社会スマートインフラ事業開発室 主管技師長の小林弘幸氏と、担当課長の堅田康平氏に話を聞いた。

※このコンテンツはLIGAREオンライン年間スタンダード会員限定公開です。会員の場合はログインしてください。
無料会員および有効期限切れの場合は以下のページから年間スタンダード会員にお申し込みください。

年間スタンダード会員に申し込む



ログイン



get_the_ID : 103519
has_post_thumbnail(get_the_ID()) : 1

ログイン

ページ上部へ戻る