ニュース

NearMe、オンデマンド空港シャトルを羽田・那覇エリアにも拡大

2020/7/20(月)

サービス図

サービス図

株式会社NearMe(以下:ニアミー )は、昨年8月から開始していた成田空港と都内15区を結ぶ最大9人乗りの旅行者向けスマートシャトルの拡大を発表。7月16日から新たに「東京羽田空港と都内15区間」と「沖縄那覇空港と那覇市内(指定エリア内)」の2エリアでのサービスを開始した。
サービスはオンラインによる事前予約制で、2日前までに予約が必要になる。オンライン決済が可能のためチケットは不要。現在日本語と英語に対応しており、今後対応言語を増やす予定だ。

料金は、羽田空港と都内15区間が一回の利用で一人あたり2,980円。沖縄那覇空港⇔那覇市内が一回一人あたり680円。また、従来の成田空港と東京15区間はエリア拡大にともなう料金見直しがあり、一回一人あたり4,980円となる。各エリア内であれば乗降車場所問わず定額で利用可能だ。

ニアミーは、昨年から実施しているスマートシャトルに加え、withコロナ時代の通勤を考えた企業向け通勤シャトル「nearMe.Commute(ニアミーコミュート)」など、既存の公共交通機関を補完する新たな移動サービスを展開している。

今回のエリア拡大について同社の発表によると、独自のAIを活用し最適なルーティングを行い、同乗者が事前にわかる特定少数での移動と換気や消毒などのコロナ対策をしながら、ニューノーマルの旅行をサポートすることを目的に挙げている。

ログイン

ページ上部へ戻る