ニュース

日産自動車 高速道路で同一車線内ハンズオフが可能なナビ連動ルート走行を実現した世界初のシステムを発表

2019/5/20(月)

日産自動車は5月16日に、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表した。同社は、この新しい「プロパイロット2.0」を今秋日本で発売するスカイラインに搭載する予定だ。
「プロパイロット2.0」では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始できる。ルート走行を開始すると追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある高速道路の出口までの走行を支援し、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて同一車線内でハンズオフが可能となる。また、ナビゲーションと周囲360度のセンシング情報に基づいて、ルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断し、ドライバーに提案を行う。そして、ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで、車線変更支援を開始する。

「プロパイロット2.0」は、車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせて使用することで車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握。あわせて、高速道路上で周囲の車両の複雑な動きをリアルタイムで把握することで、熟練したドライバーが運転しているような滑らかな走行を実現する。また、ドライバーモニターカメラを装備しており、ドライバーが前方を注視しているか常に監視する。

ログイン

ページ上部へ戻る