ニュース

中西金属工業、ブロックチェーンを活用した物流倉庫向けシステムの開発へ

2020/7/3(金)

画像:Adobe Stockより

中西金属工業株式会社(以下、中西金属)は7月3日、ブロックチェーン技術を活用した、物流倉庫向け「配送システム」の開発着手を発表した。コンベア・物流・マテリアルハンドリングシステムなど倉庫自動化サービスを提供する同社の輸送機事業部が中心となって開発を行う。
※運搬を合理化して生産性を向上させるシステム

物流現場にブロックチェーンを導入することで、スマートコントラクトによる荷物の受け渡し時に、契約の成立・責任の所在を明確にすることができる。また、各プレイヤーによる現在のステータス確認も容易に行えるようになる。

さらに、デジタル管理を推進することで煩雑な手書き伝票なども廃止できるほか、スマートフォンを活用して受け渡し情報などをデジタルデータとしての保存することも可能になる。

中西金属は、今回のシステムを導入することで、アナログ管理に起因する人的ミスの軽減、不正配送の撲滅、煩雑な伝票管理の作業負担軽減を目指すとしている。

今年9月から同社の滋賀工場で実証実験の開始を予定しており、11月にはベータ版の提供を目指している。

ログイン

ページ上部へ戻る