ニュース

NTTグループ×トヨタ 音声と行動先読みのAI技術を「LQ」に展開 顧客の嗜好や状態に合わせた移動体験の提供へ

2019/11/21(木)

トヨタ コンセプトカー「LQ」

日本電信電話株式会社(以下「NTT」)が開発した「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」技術と、株式会社 NTTドコモ(以下「ドコモ」)が開発した「行動先読み」技術を、トヨタ自動車株式会社が実施するコンセプトカー「LQ」の試乗会「トヨタ YUI プロジェクト TOURS 2020」(2020年6月~9月実施予定)の車載 AI エージェントに展開すると発表した。
会話を中心とした「YUI」とのコミュニケーションに「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」技術、事前に公開するスマートフォンアプリから顧客一人一人の趣味・嗜好を「YUI」に学習させることに「行動先読み」技術を使用する。

なお、「LQ」の試乗拠点にはドコモが 5G 基地局を設置し、高速かつ安定した通信環境を提供する。

技術の特徴

「インテリジェントマイク」「音声認識」「音声合成」は、NTT が長年培ってきた AI 技術を結集し、自動車内における背景音を抑えながら、乗員の音声だけを抜き出し、深層学習を活用した DNN技術(※)を駆使して、高い音声認識率および人の声に遜色ない合成音声を提供することができる。
※Deep Neural Networkの略称。機械学習のモデルの一種である人工ニューラルネットワークの一つ。

「行動先読み」は、NTT グループの AI 技術ブランド「corevo®」のひとつで、ドコモが開発した「先読みエンジン」を活用し、日常の行動データからそのユーザの生活習慣や趣味・嗜好を学習することで行動を予測し、ユーザに合った情報を適切なタイミングで提供することを可能にする。

NTT、ドコモは今後も、様々なパートナーとのコラボレーションを通じ、コネクティッドカーや自動運転車など将来の自動車がより豊かな体験を提供できるような技術開発に取り組む予定だ。

ログイン

ページ上部へ戻る