ニュース

小田急電鉄、チャット形式の問い合わせ対応システムを導入

2020/6/29(月)

小田急電鉄サイトのイメージ。

株式会社 空色(以下、空色)は、同社が開発したWEB接客ソリューション「OK SKY」が小田急電鉄株式会社(以下、小田急電鉄)に採用されたと発表した。

「OK SKY」は、チャット形式で利用者の問い合わせにリアルタイムで応対できるサービス。空色はサービス運用に必要な業務設計、新たな業務フロー構築の支援も行った。

小田急電鉄は、公式ホームページやスマートフォンアプリにこれを活用し、来月1日から「忘れ物の保管状況」や「特急ロマンスカーの空席状況」に関する照会をチャット形式で受け付け、係員が回答する。なお、特急ロマンスカーの予約及び購入はできない。

小田急電鉄としては、将来的に導入を目指す自動応答システム(AIチャットボット)を見据え、利用者から寄せられる「よくある質問」をデータとして蓄積していくことも狙っているという。

サービスの利用には、来月1日以降に小田急電鉄ホームページからアクセスするか、同日以降に小田急アプリを手動でアップデートしアクセスすることで可能になる。

ログイン

ページ上部へ戻る