ニュース

出光昭和シェル、非接触決済ツール「DrivePay」を自社SSで展開

2020/6/26(金)

「Drivepay」の実物写真。

「Drivepay」の実物写真。

出光興産株式会社(以下、出光昭和シェル)は、来月からキーホルダー型決済ツール「DrivePay」を一部の出光SS(サービスステーション)で先行展開すると発表した。このツールは非接触ICチップを内蔵しており、スタンドでの決済を簡略化する狙い。

今回導入されるDrivepayには、顧客のクレジットカード情報および楽天ポイントカードがひもづけられ、給油の際にクレジットカードを出さずに決済できる。さらにツールには、給油に関する情報(油種/給油数量or給油金額)を登録でき、計量機にかざすだけで給油を開始できる。サイズは39.4×18.5×5.5mm。

出光昭和シェルは、この端末による決済を7月1日から一部のSSで先行展開する。同日からDrivePay対象店がSS検索画面上にも表示されるという。また、今年9月以降、全国の出光SS(フル・セルフ)への展開を予定している。

端末の新規発行は出光系のセルフSSのみで行っており、フルSSでの新規発行は行っていない。また、DrivePayとシェルSSで展開している Shell EasyPay は、現時点では相互乗り入れができない。乗り入れの開始時期については改めて発表するとのことだ。

ログイン

ページ上部へ戻る