ニュース

シャープ、自動販売機能を搭載した「スマートバス停」の実証実験を開始

2020/6/29(月)

シャープマーケティングジャパン株式会社は、西鉄バス北九州株式会社、西鉄エム・テック株式会社、株式会社スピナ、株式会社YE DIGITALと協力し、自動販売機能と32V型液晶タッチディスプレイを搭載した「スマートバス停」の実証実験を、福岡県北九州市で6月26日に開始した。
 

「スマートバス停」は、シャープがフードコートなどの飲食店向けに設置しているセルフ注文機をベースに開発したもので、その試作機を北九州市内の砂津バスセンターに設置する。自動販売機の機能を搭載しており、地元銘菓「くろがね堅パン」を販売する。

タッチパネルによる操作で購入できるほか、購入者は本機上部に搭載のカメラで、小倉城や西鉄バスなどのオリジナルフレーム付き記念写真の撮影ができる。また、32V型液晶タッチディスプレイには、時刻表や路線図のほか、地元のおすすめスポットやグルメ情報などが表示される。

シャープは、本実証実験を通じてバス停における物販や大型ディスプレイを活用した情報発信の訴求効果などを検証する。

ログイン

ページ上部へ戻る