ニュース

OpenStreet、川越市で自転車シェアリング開始 プリペイドカード決済も導入

2018/12/20(木)

OpenStreet株式会社(以下OpenStreet)は、埼玉県川越市におけるコミュニティサイクル「川越市自転車シェアリング」の新たな運営事業者として採択を受けたと発表した。2018年12月20日から、同市においてシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクルの運営を開始する。
川越市は「川越市自転車シェアリング」を2013年12月より運営してきたが、予定していた5年の実施期間を終え、新たにOpenStreetが提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」の仕組みにリプレイスして、運営を開始することになった。川越市内に「HELLO CYCLING」の自転車と当該自転車を利用・返却する「ステーション(駐輪場)」を12箇所130台導入し利便性や回遊性の向上を図り、川越市の公共交通を補完するサービスにすることを目指すとしている。

■「川越市自転車シェアリング」の特徴

「HELLO CYCLING」では、スマートフォンやタブレットなどで「ステーション」の検索、自転車の利用予約・決済まで、一連の手続きをスピーディかつ簡単に行うことができる。また、「ステーション」であればどこでも自転車を返却することが可能。

また、川越市限定で、「HELLO CYCLING」として全国で初めて「プリペイド式HELLO CARD(※)」の販売を行う。これまで「HELLO CYCLING」のシェアサイクルはクレジットカード決済、キャリア決済に対応していたが、「プリペイド式HELLO CARD」の導入により現金による新たな決済手段が導入される。
また、川越市が株式会社まちづくり川越に運営を委託している本川越駅観光案内所および川越駅観光案内所の2カ所で有人対応窓口を設置し、アプリ登録方法やステーション情報を案内する。観光案内所は日本政府観光局にて外国人観光案内所としてカテゴリー2に認定されており、英語などの対応も常時可能。さらに2019年には利用ニーズの高い場所に新規ステーションが追加導入される予定だ。
※「プリペイド式HELLO CARD」は、現金でご利用いただけるプリペイド式カード。川越市川越駅観光案内所、川越市本川越駅観光案内所で購入できる。
川越市ステーション写真

川越市ステーション写真


■「川越市自転車シェアリング」の利用料金

60円/15分(最大1,000円/24時間)
※料金は税込み
※最大料金は、1台の自転車を一時駐輪等で乗り続けた場合に適用

■「川越市自転車シェアリング」のステーション

130台/12箇所
・川越市駅(川越市六軒町4番13、14)  ラック25台分
・本川越駅(川越市新富町一丁目22-26)  ラック16台分
・氷川神社(川越市宮下町一丁目11-17 ラック11台分
・川越駅A(川越市脇田町109番)     ラック28台分
・川越駅B(川越市脇田本町25-25)    ラック16台分
など

ログイン

ページ上部へ戻る