ニュース

オリックス、神戸空港にカーシェア拠点を新設 空港からの移動をより便利に

2019/2/8(金)

関西エアポート神戸株式会社(以下、関西エアポート神戸)とオリックス自動車株式会社 (以下、オリックス自動車)は2月8日から、神戸空港内に初めてのカーシェアサービス拠点を共同で新規開設することを発表した。
関西エアポート神戸は空港敷地内の駐車場を活用し、オリックス自動車がカーシェア事業を運営する。サービスは24時間、365日いつでも利用できる。空港から目的地への移動手段にカーシェアが加わることで、ビジネスや観光目的で神戸を訪れる利用者にとっての利便性を高める。

【新設ステーション概要】
ステーション名:神戸空港ステーション
設 置 場 所:神戸空港第1駐車場内
設 置 台 数:2台
車 種:日産 ノート/トヨタ カローラフィールダー

オリックス自動車のカーシェア事業「オリックスカーシェア」は、首都圏や近畿圏を中心に1,695拠点(2018年9月末時点)に展開している。近畿圏では、京都駅や新大阪駅などの新幹線発着駅周辺での展開を強化。また2018年1月には、JR難波駅直結で西日本最大級のバスターミナルである大阪シティエアターミナル(OCAT)に、同年4月には大阪国際(伊丹)空港に拠点を新設するなど、各種交通機関との連携を強めている。

新設ステーションの様子

新設ステーションの様子

ログイン

ページ上部へ戻る