ニュース

クアルコム、主要メーカーとセルラーV2Xの商用化で協業

2018/2/23(金)

出典=クアルコム

クアルコムは2月23日、セルラーV2X(Cellular Vehicle-to-Everything)の商用化を加速するために世界の主要な自動車メーカー・サプライヤーと協業していることを発表した。

セルラーV2Xは自動車の安全性の向上、自動運転、交通効率化をサポートするために設計されたV2X通信のグローバルソリューション。5Gと互換性があり、カメラ、レーダー、LIDARなどの他のADASセンサーを補完するように設計されている。

出典=クアルコム



C-V2Xダイレクト通信モードは、 指定された操作と5.9 GHzのITS周波数によって、セルラーネットワーク関与なしに、車車間通信(V2V)、路車間通信(V2I)、歩車間通信(V2P)の低遅延通信が可能だ。

出典=クアルコム



クアルコムは現在、ドイツ、フランス、韓国、中国、日本、アメリカで自動車メーカー・自動車業界の企業とセルラーV2Xのフィールドでの検証を行っている。

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る