ニュース

日産自動車とDeNA、みなとみらいで無人運転車両「Easy Ride」の実証実験

2018/2/26(月)

日産とDeNAは2月23日、無人運転車両を活用した共同開発中の新しい交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を2018年3月5日(月)より神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺で開始すると発表した。公式サイトで募集した一般モニター約300組が参加する予定。
本実証実験では、自動運転技術を搭載した実験車両に一般モニターを乗せ、日産グローバル本社から横浜ワールドポーターズまでの合計約4.5Kmのコースを往復運行する。実験を通じて「Easy Ride」のサービス仕様の評価・確認を行い、誰もがどこからでも好きな場所へ自由に移動できる新しい交通サービスの実現を目指す。
目的地は専用のモバイルアプリで設定。行きたい場所を直接指定する以外に、「やりたいこと」をテキストまたは音声で入力し、おすすめの候補地を表示させてその中から選択するができる。また、乗車中には走行ルート周辺のおすすめスポットや最新のイベント情報など約500件の情報が車載タブレット端末に表示される。
乗客の安心のため、走行中の車両の位置や状態をリアルタイムで把握することが可能な遠隔管制センターを設置。両社の先進技術を融合させたシステムによる遠隔管制のテストも行う。

1 2

ログイン

ページ上部へ戻る