ニュース

三井住友海上と小田急電鉄、「MaaS×保険」で協業

2019/5/16(木)

三井住友海上と小田急電鉄は5月15日、MaaSと保険を組み合わせた新たな仕組みとなる「MaaS×保険」に関する協業取組を開始することを発表した。
2019年末までに実施予定の小田急電鉄が開発するMaaSアプリの実証実験に、三井住友海上がMaaS向けの保険を提供する。

具体的には、小田急電鉄が開発するMaaSアプリおよびアプリ上で提供するサービスにおいて、移動や日常生活・観光シーンでの安心・安全を提供し、事業者の安定的な運営を可能にするため、両社で連携して保険商品を開発する。三井住友海上は、MaaSアプリと連携して保険を開発、MaaSアプリの設計・開発・運用を支援する。小田急電鉄は、自社の公共交通サービスの情報提供を通じて、三井住友海上の保険開発を支援する。また、MaaSアプリの設計・開発・運用を行う。

ログイン

ページ上部へ戻る