ニュース

ソフトバンクとインドネシア・Lippo Karawaci社 AI や IoT を活用した先進的なソリューションの分野で提携

2019/11/28(木)

インドネシア共和国の PT Lippo Karawaci Tbk(以下「Lippo Karawaci(リッポー・カラワチ)」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、11月28日に戦略的提携に合意し、インドネシアの不動産や交通エコシステムにおけるAIやIoTを活用したソリューションの普及と発展に向けて、共同で取り組むことになったと発表した。
Lippo Karawaciは、インドネシアの大手不動産の総合企業。都市部における住宅地区の開発やショッピングモール事業、ヘルスケア事業を事業の主軸としている。また、土地の総合開発や接客業、町の開発・管理の他、資産運用サービスにも積極的に取り組んでいる。

両社の提携では、「Lippo Village(Lippo Karawaci が開発・運営する町)を東南アジアにおけるテクノロジー活用・研究の中心的な拠点に」という目標を掲げ、まずインドネシア共和国のカラワチ地区にある Lippo Village でこの取り組みを開始し、Lippo Village Digitalization Project(※)の発展を推進する予定だ。
※ さまざまなテクノロジーを活用して Lippo Village のより快適な町づくりを目指すプロジェクト。

Lippo KarawaciのCEOであるJohn Riady氏と、ソフトバンクの技術戦略統括 グローバル事業戦略本部 本部長である北原 秀文氏は、11月 28日に、ジャカルタで協定書に調印した。

スマート居住地区管理ソリューションには、車に乗っている Lippo Village の居住者の顔認識が可能な先進的なカメラが活用されている他、Lippo Village の居住者の車のナンバープレートを読み取り、来訪者のナンバープレートと識別する機能がある。また、スマート交通管理ソリューションは、あるエリアに入った車両数を数えると同時に、オートバイや乗用車、バス、トラックなどの車種をスマート CCTV(Closed Circuit Television の略で、建物や施設内の有線の映像システム)モードで識別することができる。これにより交通管理の質が向上し、交通量が増える時間帯において交通の流れをよりスムーズにすることができる。

さらに、Lippo Karawaci とソフトバンクは、AI やビッグデータを活用して顧客体験を大幅に向上させる新しい分析プラットフォームを、Lippo Village のショッピングモールで活用する予定。これによりショッピングモールを運営するインドネシア最大の事業者である Lippo Karawaci は、ソフトバンクのIoT技術を活用した革新的なアプリケーションを利用できるようになり、Lippo Karawaci が持つ 51 のショッピングモールで、来店者の行動データと割引サービスの特典が連動する最先端の顧客体験を提供することが可能になる。

また、この技術により、ショッピングモールと各店舗が、来店者のニーズに合わせて他ではできない買い物体験を提供できるようになる。

Lippo Karawaci とソフトバンクは今後、Lippo Karawaci が運営する病院である Siloam Hospital にスマートヘルスケアのテクノロジーを導入する予定である。

ログイン

ページ上部へ戻る