ニュース

タイムズ24 カーシェアリングの利用で自動車保険料割引サービス 国内初

2018/10/3(水)

タイムズ24株式会社は、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」において、2018年10月1日(月)~12月31日(月)に「あんぜん走行距離データ送信サービス開始記念キャンペーン」を実施すると発表した。カーシェアリングの走行データによる、自動車保険料の割引サービスは、国内初の取り組みだ。

従来の自動車保険はクルマを所有する人を主に対象とした保険であるため、カーシェアリングでどれだけ運転経験を積み、安全走行を実践していたとしても保険料に反映されることはなかった。したがって、タイムズ24は、より多くの人にクルマを安全・安心が利用でき、マイカー移行時にはじめて自動車保険に加入する際の保険料負担軽減という側面から応援することを図り、損害保険会社と連携し、「タイムズカープラス」において安全走行した距離に応じて、自動車保険の新規契約時の保険料が優遇される制度を新たにスタートする。

この制度において、タイムズ24は10月1日より、損害保険会社にタイムズカープラスの走行データを送信する「あんぜん走行距離データ送信サービス」を開始する。「あんぜん走行距離」の積算は、データ送信に同意以降のタイムズカープラス利用分より開始となる。10月1日から同意受付を開始するにあたり、キャンペーンを実施する。

キャンペーンの詳細:https://plus.timescar.jp/campaign/mileage_transmission201810/

■関連記事



ログイン

ページ上部へ戻る